米津玄師の祖父はレモン農家なの?Lemonに込められた思い!

米津玄師の祖父はレモン農家なの?Lemonに込められた思い!の画像

米津玄師さんのLemonが出来た背景には何があるのか気になりました。

作曲中に祖父に不幸があって出来た曲というのは事実でしょうか?

また米津玄師さんの祖父がレモン農家というのは本当なのでしょうか?

この記事は、米津玄師さんのLemonと祖父との関係について述べたものになります。

米津玄師の祖父がレモン農家?

「Lemon」映画「アンナチュラル」主題歌だったんですね。

この映画って死をテーマにした物語なんですね。

米津玄師さんはなぜ主題歌をLemonにしたのでしょうか?

制作の経緯と、米津玄師さんの祖父Lemon農家というがあります。

Lemon農家の祖父が亡くなったのでLemonというタイトルにしたのでしょうか?

調べてみたいと思います。

米津玄師さんの祖父がLemon農家という情報はない!

米津玄師さんのLemonを検索すると、祖父がLemon農家」というワードが出てきますね。

米津玄師さんの実家は徳島という事で、Lemonではなくすだちが名産となっていますね。

農家ならすだちもLemonも栽培してるかもしれませんが、調べてみると米津玄師さんの祖父が農家という確たる情報には至りませんでした。

ではなぜ「Lemon」というタイトルになったのでしょうか?

「Lemon」のタイトルはどこから出てきたのか?

調査結果から、「Lemon」のタイトルが米津玄師さんの祖父の職業とは関係が無いといことになりま

した。

では、「Lemon」というタイトルはどこから来たのでしょうか?

最初は「メメント」だった!

音楽ナタリーの記者が米津玄師さんにインタビューしています。

最初からLemonというタイトルは決まっていたのかという質問に対して、最初は「メメント」というタイトルだったそうですね。

メメントって辞書で調べると「思い出」「記念品」という意味だそうです。

でも、死を扱う曲でタイトルも「メメント」なので重い感じになって、鼻についたらしいですね。

そんなときに「胸に残り離れない 苦いレモンの匂い」というフレーズがパッと出てきたらしいです。

他に当てはまる言葉も無くて、Lemonというタイトルにしたのだそうです。

確かに曲が死を扱う内容なのにメメントだと重すぎますよね。

かたやLemonというタイトルはキレイで美しいイメージがあって、だからこそ年齢を関係なくヒットしたんでしょうね。

てか、Lemonという曲を何の予備知識もなく聴いて、美しいバラードで、ちょっと切ない感じを受けると感じたのは筆者だけでしょうか?

なので、この曲が鎮魂の歌だというのを知らない人がいたりして(汗)

確かに失恋の曲っぽく聴こえますもんね。

Lemonに込められた思い

米津玄師さんは最初にオファーを受けたときに、傷ついた人たちを優しく包み込むような曲を作って欲しいと頼まれたのだそうです。

「アンナチュラル」が死をテーマにしているドラマだからだそうです。

製作途中で米津玄師さんの祖父が亡くなってしまいます。

今まで積み上げてきたしに対しての思いが崩れてしまって、一から積み上げてみて出来上がった曲は「あなたが死んで悲しいです」という事を4分間ずっといって言ってる曲になったという事です。

歌詞には直接的に死を明確に表す言葉はなくて、聴くと死と喪失の曲だと分かるようになってるということです。

Lemonに込められた思いは、普遍性を求めた曲だったという事です。

直接的な表現が無いのは、下品だと思ったからだといいます。

この楽曲は、「アンナチュラル」の制作サイドの理解もあって受け入れられ、大ヒットたという経緯があったのだそうです。

米津玄師の「Lemon」とは?

2018年1月に主題歌を担当したドラマ「アンナチュラル」がTBSで放送されるや、話題騒然となる。

3月にシングル化されると300万枚を記録する大ヒットを飛ばす!

「Lemon」は各音楽チャートで様々な記録を打ち立てた

Billboard JAPAN 週間1位 (5週連続・通算7週、Billboard Japan Hot 100)
2018年度・2019年度年間1位 (Billboard Japan Hot 100)
週間1位 (通算36週、Billboard HOT BUZZ SONG)
週間1位 10週連続・通算26週、Billboard Japan Download Songs)
2018年度・2019年度年間1位 (Billboard Japan Download Songs)
オリコン 週間2位
月間3位 2018年3月度
年間18位 2018年度
年間34位 2019年度
登場回数 159回
デジタルシングルス週間1位 10週連続・通算26週
デジタルシングルス年間1位 2018年度・2019年度
カラオケ年間1位 2018年度・2019年度
CDTV 週間1位 通算4週、オリジナルランキング
2018、2019年度年間1位 オリジナルランキング

(ウイキペディア参照)

「Lemon」はYouTubeでも記録を打ち立てた

「Lemon」MVが、YouTubeにて725,060,166 回再生(2022年)を突破、「日本人アーティスト史上最高再生回数」!

てか、日本人なら1億2000万人全員が6回は見てるってことですよね、2018年2月27日から4年間でって事ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

米津玄師さんの大ヒット曲、Lemonにはいろんな思いが込められていることが分かりました。

米津玄師さんの祖父の職業は分かりませんでしたが、Lemonというタイトルとは関係ありませんでしたね。

パッと出たフレーズだけど、これしかないというLemonというタイトルはすごいですね。

また、死という思いモチーフに自分の感情を入れ込むために、Lemonというタイトルにしたり直接的な表現を避けて普遍性を狙ったという計算高さも、米津玄師さんの魅力ですね。

米津玄師さんって天才だと思いますが、もともと発達障害があったんですよね。

米津玄師の障害はアスペルガー症候群で高機能自閉症だった!で調べてありますので、併せて読んでいただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • 2018年の紅白で桜井翔が「Lemon」の曲紹介で「レモンを作っている時におじいさんが亡くなった」と言った おじいさんレモン作ってたんだと思うよ

    • コメントありがとうございます。
      そうなんですね、情報を探ってみます。
      ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。