ポイチとは?由来や理由が成る程と納得できて面白い!

ポイチとは?由来や理由が面白い!

サッカー日本代表がオーストラリア代表に勝って首の皮一枚つながりました!

元日本代表監督の岡田武史さんが「ポイチ」・・・じゃない森保一監督と慌てて言い直していました。

ポイチというワードがトレンドにもなっていました。

ポイチとはいったい何の事でしょうか?

気になったので調べてみました。

ポイチとは?

言っちゃってますね、ポイチって(笑)

ポイチは森保一監督の事!

森保一監督の保一をカタカナで読むとポイチってなりますね。

という事で、ポイチって森保一監督の事でした。

ポイチって呼ばれている森保一監督ですが、日本代表監督なんですよね~

でも、ポイチは無能?って批判されているんですが、ホントでしょうか?

記事にまとめてありますので、興味のある方はご覧ください。

ポイチの由来は?

ある時、森保一の名前を「もりぽいち」と間違って読まれたことがきっかけで、ニックネームになったという事です。

いつからポイチと呼ばれているの?

森保一監督はサンフレッチェで監督をしていました。

2012年から正式に監督になりましたが、佐藤寿人選手はずっとポイチと呼んでいたそうです。

ポイチと呼ばれるのはずっと前からだという事ですね。

ポイチにみんなの声

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ポイチは森保一監督のニックネームでした。

Twitterの声とかを聴くとポイチという言葉があまり良い響きに聞こえませんでした。

W杯のアジア予選で首の皮一枚つながってる感じなので、どうしても酷評されてしまうのは仕方ないですよね。

とにかく試合に勝てば、ポイチという名前もまた違うイメージになると思いますので、頑張って欲しいです。

随時追記します。

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です