Vaundyのツアーライブ倍率は?当たりやすい会場はあるか?

Vaundyのツアーライブ倍率は?当たりやすい会場はあるか?を説明した画像

Vaundyのライブツアー2023年11月~2024年1月にかけて開催されることが発表されました。

Vaundyは楽曲がドラマの主題歌に起用されたり、YouTubeの再生回数が1,300万回と人気を集めています。

そのため今回のライブ倍率は高いという声が。

Vaundyのライブ倍率がどのくらいになるのでしょうか。

スポンサードリンク



Vaundyライブ倍率はどれくらい?

Vaundyの人気の急上昇について詳しく調査した記事が良く読まれてますね。

人気が上がると気になるのはチケットの倍率ですね。

ライブチケットの倍率は下記の式で求めています。

倍率=エントリー人数×申込枚数×申込公演数÷会場のキャパ数

結果、Vaundyのライブ倍率は1.42倍~5.72倍と予想します。

Vaundyライブ倍率はどれくらい?を説明した画像

Vaundyライブの概要

Vaundyは2022年の紅白にも出場するんですね、何を歌うんでしょうか?

調査した記事がありますので併せてお読みください。

2023年11月からVaundy最大規模の全国ライブツアーを開催することを発表しました。

宮城・神奈川・福岡・大阪・愛知の5都市でアリーナ単独ライブを行います。

なお、2023年春の全国ライブツアーは既に完売済。

春のツアーはすでに完売!!!!
スッピン美人さん
スッピン美人さん

本公演もチケット争奪戦が予想されます。

会場のキャパ数

今回のVaundyライブの5都市10公演の会場キャパ数は127,000人です。

日程 会場 キャパ数
2023/11/18(土) ゼビオアリーナ仙台 5,500人
11/19(日) 5,500人
12/2(土) 横浜アリーナ 17,000人
12/3(日) 17,000人
12/9(土) マリンメッセ福岡 A館 15,000人
1210(日) 15,000人
12/16(土) 大阪城ホール 16,000人
12/17(日) 16,000人
2024年1月5日(金) 日本ガイシホール 10,000人
1/6(土) 10,000人
合計 127,000人

上記、日程のとおりVaundyアリーナツアー2023の6都市全10公演は、127,000人の人がチケットを手に入れることができます。

スッピン美人さん
スッピン美人さん
こんなに大規模なツアーが行えるなんて、ほんとにVaundyさんは人気ですよね!

エントリー人数予想

Vaundyライブ2023のエントリー人数の予想は181,600人~726,400人。

エントリー人数は、Vaundy公式Twitterのフォロワー数を参考に算出しました。

Vaundy公式Twitterのフォロワー数は約454,000人(2022.12月現在)で、フォロワー数10%の45,400人~フォロワー数20%の90,800人がエントリーすると仮定します。

今回のチケットは1人2枚までで、複数公演の申込が可能。

1人が平均2~4公演に申込みするとエントリー人数はこのようになります。

1人2公演 1人3公演 1人4公演
フォロワー数10%
45,400人
1人2枚
90,800人
181,600人 272,400人 363,200人
フォロワー数20%
90,800人
1人2枚
181,600人
363,200人 544,800人 726,400人

気になるチケット倍率ですが、Vaundyライブチケット倍率は1.42倍~5.72倍と予想できます。

5倍だと、5人に1人しかチケットを手に入れられませんね。
スッピン美人さん
スッピン美人さん

ただし、今回のライブの日程はほとんどが土日で遠征になっても移動がしやすこと、休日なので参戦しやすいという理由から申込みする方が多くなると、実際の倍率はもっと高いかもしれませんね。

Vaundyライブ当たりやすい会場

なかなかライブ倍率の高いVaundyですが、やはり他のアーティストと同じように、首都圏の日程は倍率がより高くなります。

一方で、狙い目、(多少は)当たる確率の高くなる会場もあるようです。

絶対に行きたい!ライブに参加したい!!!という方にとっては申し込んでみる価値がある、と言えるでしょう。

平日、地方の土曜を狙う

正月休みが続いている方もいるとはいえ、2024/1/5(金)の日本ガイシホールは、社会人なら正月休み明けの方も多く、愛知県近くにお住まい出ない方にとっては遠征しにくい日程です。

そのため、関西方面にお住まいの方や学生の方、お休みの取りやすい方であれば、1/5(金曜)の日本ガイシホールは狙い目と言えます。

また、ゼビオアリーナ仙台はキャパは少ないですが、他の会場より狙う方の少ない(やや行きにくい会場)のようです。

ツイッターでも、ゼビオアリーナ仙台の当落情報はあまりなく、全体的に申し込む方が少なかったよう。

特に土曜の地方会場ですと金曜に仕事のある方は土曜の朝移動することになり、日曜よりは倍率が下がると言えます。

2023/11/18(土)ゼビオアリーナ仙台もチャンスが多そうです。

少しでも可能性が上がるなら試してみたいですね。
スッピン美人さん
スッピン美人さん

横浜、大阪は争奪戦

言わずもがなですが、横浜アリーナ、大阪城ホールは争奪戦です。

居住人口も多い大都市圏。

交通網も良く、地方からも近距離圏からもたくさんの方がやってきます。

そのため、自ずと狙う方も多く倍率は高め。

どうしても、この地域しか行けない!という方は仕方ありませんが、もし可能なら、横浜アリーナ・大阪城ホールを希望しつつ、他の会場も申し込むことをおすすめします。

横浜アリはだめだったけど、ガイシは当たった!という声もあるように、高倍率の会場だけでなく分散して申し込むとチケット当選の確率があがります。

スポンサードリンク



まとめ

人気上昇中のVaundyライブ倍率について、予想してみました。

YouTubeの人気から見るに、ライブチケットを取るにはかなりの狭き門!のようです。

しかし、1人で複数公演を申し込めるようですし、いくつかの会場に分散して申し込むと、チャンスが舞い込んでくるかもしれません。

コロナも落ち着き始め、ライブも盛り上がることでしょう。

チケットが取れたら楽しみたいですね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。