マックス鈴木の動画が炎上?日本1のフードファイターの苦悩と復活

現在こそ日本1のフードファイターのマックス鈴木さんですが、動画が炎上したことがあるそうです。

そのことによって、1度は動画配信を止めようと思ったこともあるとか。

いったいどんなことで、マックス鈴木さんの動画が炎上してしまったのでしょうか?

マックス鈴木さんの日本1のフードファイターならではの苦悩について調べてみました。

スポンサードリンク



マックス鈴木さんの動画が炎上!

大食いタレントのカワザイル(河田大志)28歳との対談で、自分のYouTubeが炎上したことを話しています。

動画が炎上した時期は?

2015年におウグイ王選手権で優勝したのち、生活費を捻出するために始めたYouTubeで炎上させてしまいました。

現在でこそ人気大食いYouTuberになっているマックス鈴木さんですが、この炎上は相当メンタルをやられたと言います。

なぜ動画が炎上してしまったのか?

YouTubeを始めたときは、Macbee Hollywood Entertainmentに所属していて、動画の運営は人に任せていたのだそうです。

やり方がわからなくて、とにかくテンションの高い動画を流していたという事です。

何が求められているのかがわからなかったと言います。

それで炎上してしまった。

炎上した動画ではどんなコメントが寄せられたのか?

まあ……言ってしまえばトイレの落書きレベルの、「バカ」とか「死ね」とかですよね。

これはさすがにないですよ、受け止めようがない言葉じゃないですか。

本当、きつかったですね。そのうちコメント欄を見ないようになりました。

傷つきたくなかったので。

2018.08.15スター研究所より抜粋

このインタビューでマックス鈴木の言葉を見てみると、どれだけ汚いコメントが来たのかが分かりますね。

炎上騒動でどうなったのか?

フードファイターを辞めようとした!

YouTubeを自分で運営するようになったそうです。

ですが、炎上による心の痛手は大きかったと言います。

フードファイターそのものも辞めようかとも考えてしまったそうです。

YouTubeが上手くいくようになったきっかけはDracoさん

同じフードファイターのDracoさんに誘われて、コラボ動画を出したことで好転し始めたと言いいます。

コメントに「素のままのマックス鈴木いいじゃん」って言うコメントが来るようになったのがヒントだったと言います。

自分の素のままをサブチャンネルで流したら、反響が良かった!

そこから上手くいくようになった!

マックス鈴木はDracoさんとのコラボが無ければ、YouTubeを止めていたと言っています。

Dracoさんを恩人だと言ってはばからないMAX鈴木さんでした。

現在のチャンネル登録者数は?

2021年8月8日現在63.5万人になっています。

そう再生回数は3.40億回!

押しも押されぬ人気大食いユーチューバーですね。

マックス鈴木の現在の収入は?

YouTubeが軌道に乗ってからは昔の年収が月収に変わった

ウイキペディアより

という事は・・・月収数百万円という事でしょうね~

大食い王決定戦で敗北からの苦悩そして

2015年に大食い王決定戦で優勝を果たしたマックス鈴木さんですが、よく2016年には決勝戦で負けてしまいます。

そこから苦悩が始まったと言います。

らすかるの登場で精神的余裕がなくなる!

2016年に大食い王決定戦に敗れた後のマックス鈴木さんは、奥さんに「2017年の大食い王決定戦で負けたら、フードファイターを辞めて普通の仕事をする」と約束したそうです。

そんなときに、フードファイターのラスカルさんが現れてきたのだそうです。

顔合わせもあったが、精神的に追い詰められていたマックス鈴木さんは、らすかるさんを避けていたそうです。

自分より強い相手を受け入れたら、自分の価値が無くなってしまう」と怯えていたんです。

2018.08.17スター研究所より抜粋

 

どん底の精神を救ったのは妻の一言だった!

 

自分より強う相手を拒絶するマックス鈴木さんを見るに見かねて、奥さんはこういったのだそうです。

お願いだから、人に迷惑がかかることだけはやめて。大食いどうこうではなく、人として、やめて

2018.08.17スター研究所より抜粋

 

この言葉がマックス鈴木さんの殻を破ったんだそうです!

やっぱり奥さんって偉大だなって思いました。

この奥さんの一言があってから、らすかるさんとのコラボ動画も出しています。

それがこちら。

2017年大食い王決定戦優勝!

奥さんの一言で殻を破ったマックス鈴木さんですが、2017年には見事に優勝に返り咲いています。

この時の心境を次の様に語っています。

自分の弱さを受け入れることが出来たら憑き物が落ちたという事です。

一番しんどいのは成長できない時じゃないですか。

仕事でも何でも、成果が出ないとつまんないですよね。

つまり、しんどいのは自分が弱いからじゃなくて、成長してないから。

たとえ弱くたって、成長できたら「うわ、楽しい!」って思えるんですよ。

だからつらい過程があったとしても、それで成長できたら楽しいって思える。

自分の弱さを認めるのは勇気がいりますけど、成長できるならひっくるめて“楽しいこと”に分類できますし、そう捉えています。

2018.08.17スター研究所より抜粋

同じタイミングでYouTubeの登録者数が増えてきたそうです。

この事はYouTubeが炎上したときの批判コメントに対しての考え方も、180度変わったことになります。

どん底から這い上がって手に入れたもの

マックス鈴木さんはどん底の精神状態を味わいました。

自分より強いものを認めることが出来なくて苦悩した日々。

2015年に優勝したときには、大食いは手段だったと言います。

2016年に負けてどん底まで追い詰められて、2017年に優勝したときには大食いは目的に替わっていたと言います。

ハッキリと自分の進む道が見えたという事ですね。

そこからはYouTubeの批判コメントでも受け流すことが出来ると言います。

大食いユーチューバーは絶対に避けて通れないものが、批判コメントだと言います。

ですが、コメントを気にしているうちは良い動画は取れないとも。

精神的に強くなることでフードファイターとしても強くなると言います。

ドラゴンボール瀕死復活理論

「相手が強くて負ける」という考え方から「相手が強ければ自分はもっと強くなれる」という考え方に替わったと言います。

スーパーサイヤ人は強い相手に負けて瀕死の状態になると、復活したときには何倍も強くなってるという理論ですね。

迷いが吹き飛んだ!

どん底から見えたものは、大食いが手段から目的に替わって、人生をかけられるものに変化したという事だそうです。

スポンサードリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

フードファイターとして成功されているマックス鈴木さんですが、過去にどん底を味わっていたんですね。

妻の言葉によって目が覚めたっ、やっぱり奥さんって偉大だなって筆者も実感してます(笑)

にしても、YouTubeの炎上と大食い王決定戦での敗北をバネにして大きく成長してきたマックス鈴木さん、すごいなって思います。

これからもマックス鈴木さんからは目が離せないですね。

随時情報が入り次第追記します。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です