ワンピースのウタが炎上してる理由は?Adoの歌が映画に合わない?

ワンピースのウタが炎上してる理由は?Adoの歌が映画に合わない?を説明した画像

2022年夏大ヒットしたワンピース映画「ONE PIECE FILM RED」。

今回映画では、歌姫ウタが主人公でした。

このウタ役の歌唱シーンを担ったのがダブルキャストの1人Adoさんでしたが、炎上しているようです。

『うっせいわ』で大人気となったAdoさんでしたが、今回の炎上一体なにが原因だったのでしょうか?

スポンサードリンク



ワンピースのウタ炎上理由はAdoの歌?

ウタ役の声優が名塚佳織さんで作中の歌唱シーンをAdoさんが担当したダブルキャストでした。

しかし、実際に映画を見た方からは、ウタのかわいらしいキャラクターにAdoさんの歌声とは合わないのでは?という意見があったようです。

ワンピースのウタ炎上理由はAdoの歌?を説明した画像

キャラクターのウタとAdoが合わない

当たり前ですが、映画ではウタという主人公が出てきます。

Adoさんは、素顔を出していませんが、大ヒットした「うっせぇわ」のがなり声などの独特の歌い方でインパクトが強かったですよね。

そのため、Adoさんのイメージとウタとがあっていない・チグハグに感じる、という印象が生まれてしまったようです。

また、劇中ではウタの幼少期の頃が出てきます。

その歌唱シーンもAdoさんが歌われたのですが、幼少期の歌声が子供っぽくありませんでした。

少女の声と成長後の声では全く異なりますよね。

目で見る映像では、幼いウタなのに、耳にするのはAdoさんの声、というのが受け入れにくかったと考えられます。

ウタのキャラクターが可愛らしかったため、今までのAdoさんの楽曲のイメージと真逆に感じたのかもしれません。

ただ曲によっては、そこまで気にならない人もいたようです。

Adoさんの歌声はやはり素晴らしく、今までにない映画に仕上がったというのも良かった!という声もたくさんありました。

Adoのライブ状態

今回の映画「ONE PIECE FILM RED」は劇中で7曲もAdoさんが歌っていました。

かなり歌にフォーカスされた映画だったため、原作ファンには違和感があったようです。

  • ミュージカルみたい
  • 映画というよりAdoのライブ感が強すぎる。
  • もっとバトルシーンやシャンクスの登場回数が多い方がよくて歌唱シーンが多くて歌いすぎ。

などが炎上理由のようでした。

ワンピースの映画を見に来た人からすると、Adoさんの歌がフルで続くと「ライブなのか?!」という気持ちになってしまったようです。

実際、歌唱シーンは上映時間の5割ほどを占めていたとのこと。

Adoさんの歌が炎上したというより、「ワンピースを見に来た」という目的に対して、得られた感想が「Adoのライブ」だったため、違和感が大きかったと考えられます。

一方で、やはり声も歌も良かったという意見も多く、劇中の7曲のMVはyoutubeで高い再生数を獲得しています。

Adoさんのファンの方や、Adoさんの歌を含めて楽しみにされていた方にとっては、とても満足いく内容だったと考えられますね。

シャンクス、ウタ、ルフィーの関係性

「ONE PIECE FILM RED」というタイトルから、メインがシャンクス、と捉えるファンも多かった今回の映画。

しかし、蓋を開けてみると、「FILM ウタ」の様相を呈したものだった、という意見がありました。

ウタはシャンクスの娘

原作ファンからも支持の高いシャンクス。

今回映画でいきなりシャンクスの娘が登場した!ということで驚いたファンが多くいました。

連載開始時から登場しているにも関わらず、いまだ謎の多い人物。

そんな彼に実は子ども、しかもルフィと同じくらいのがいたという事実を映画で、サラッと描かれてしまったことに、戸惑いの声が多くあがりました。

重要な立ち位置のキャラクターを安易に映画で出してほしくなかった、ウタを出すならちゃんと本編で丁寧に描いてほしかった、という炎上につながってしまったようです。

ウタは、ルフィの幼馴染

ウタはシャンクスの娘であることから、ルフィと12年前に交流があった幼馴染でもあるということでした。

連載も長く、様々なキャラクターが出たり、え?そうなの?という登場人物がいたりと色んなことがありますが、シャンクスについては、比較的、回想シーンでも描かれていました。

しかし、一度も彼の娘に触れてこなかったことで、今回はさすがに違和感を感じてしまう、というファンは多くいました。

急ごしらえで登場したような、シャンクスを映画に登場させるためにもってきたような、そんな気持ちになった方から、ウタへの炎上が生まれてしまったのかもしれません。

好意的な声も

しかし、謎が多いシャンクスだからこそ「えー!」「びっくり!」というのも含めて楽しかった、という意見も多くありました。

ワンピースは原作でも、読者をいい意味で裏切ってくれますよね。

垣間見えるウタの性格も、媚びたところが無く自然体で、愛嬌があって人に好かれやすそうな雰囲気でした。

人間味があるのも可愛らしく感じます。

夏休み映画としては、歌も内容も盛りだくさんの楽しい映画だったのではないでしょうか。

スポンサードリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか。

ワンピースのウタが炎上している?という内容について解説しました。

世界でも人気のあるアニメワンピースが多くの人が見ているからこそ賛否両論ありますよね。

新しい試みを行うと、なんか違う、という意見も出がち。

しかし、何回か見ていくうちに、違和感なく見て楽しめるという意見もありました。

歌いすぎ!という声もあるなか、楽曲はオリコンチャートで記録を更新してるということで、やはりAdoさんの歌は人気があることがわかります。。

いろんな意味で話題の欠かない映画ONE PIECE FILM REDですが、もう1度映画館でウタの曲を聞きたいな、と思っています。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。