新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!誰が何の為に?

新潟県にあるという“神殿ロード”ってご存じですか?

超神秘的と話題なんですよね。

“神殿ロード”ってネーミングがあるように神秘的と話題になっているんですよね。

無性に行ってみたい、見てみたいと思ったのは筆者だけではないと思うんですよね。

“神殿ロード”が話題となったのは去年の夏でした。

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク



新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!誰が何の為に?

新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!・・・どんなところ?

始まりは1つのツイートからでした。

次のツイートをご覧ください。

筆者も初めて目にしましたが、ローマのコロッセウム闘技場を思わせるようなアーチの建造物。

それに植物の緑が入り込んで、引き込まれていくような錯覚を覚えます。

新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!・・・誰が作った?

大昔の神殿の遺跡なんでしょうか?

いえいえ違います。

旧国鉄ですね、作ったのは(笑)

鉱山鉄道が廃止になって道路になったんです。

元々は羽越本線新発田駅と東赤谷駅間を走る鉱山鉄道が通っていました。

赤谷線と言います。

赤谷付近から産出される鉄鉱石輸送のために鉄道が敷かれました。

その路線も1984年に廃止になりました。

その後、自動車道になったんです。

新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!・・・神殿のような建物は何のために作られた?

スノーシェード(スノーシェッド)という言葉聞いたことありますか?

これが答えなんですね。

新潟は雪国なんですね。

しかも豪雪地帯です。

雪から鉄道を守るトンネル状の建物がスノーシェード(スノーシェッド)と呼ばれるものです。

これは今でもみられる光景ですね。

新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!・・・なぜ神秘的?

その昔、鉱山鉄道は蒸気機関車が通っていたからです。

昔は石炭を燃やして、

もくもくと煙を出しながら走っていたんですね。

その煤がスノーシェッドに付いて真っ黒になっているんですね。

これが大昔の遺跡を思わせる演出をしてくれています。

しかもローマのコロシアムやギリシャのパルテノン神殿を思わせる美しさを奏でています。

新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!・・・どこにある?

新潟県新発田市の「新潟県道335号 滝谷上赤谷線」にある、

通称「東赤谷連続洞門」と呼ばれる場所にあります。

新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!・・・行くときの注意点

令和3年は豪雪で始まりましたね。

もちろん“神殿ロード”は人里離れた山の中、決してこの時期は行くことのできないところなんですね。

調べてみたら、もちろんですが冬季閉鎖されていました!


令和3年1月21日現在の注意点

冬期交通不能区間の規制状況(令和 3 年 1 月 19 日現在)

令和2年12月15日より下記の路線を冬季閉鎖による全面通行止めとしています。

一般県道滝谷上赤谷線(L=5.4km)


ここに実際に行ってきた人の動画が上がっていたので紹介します。


これを見ると、洞門内は車が1台しか通れないくらいの幅しなくて、

入る前に信号機の指示に従って通るようです。

人は歩いて通れるとは思いますが、結構危険なので車で鑑賞した方が良さそうですね。

とにかく狭い山道という事を頭に入れてないと後悔することになるかも

 

月曜から土曜 8:40~16:30分

日曜は通行OK!

①を管理して睡眠不足や、具合悪かったりしたら行かない。

②運転を変わってくれる人がいる。

③ガソリンは満タンに。

④食料を十分に持っていく。

⑤山なのでスマホの電波が入りにくい。

これくらいしょうか。

新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!誰が何の為に?のツイート

スマホの電波悪くなるとの事、注意ですね。

この方は歩いてますね。

車どこに停めたんでしょうか?

新潟県の“神殿ロード”が超神秘的!誰が何の為に?のまとめ

いかがでしたでしょうか?

神殿ロードが神秘的が分かって、とっても魅力的ですね。

でも、かなりの山道を覚悟しないと後悔しそうですね。

ご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です