「ボブという名の猫」の死因は?衝撃の事実が判明!

「ボブという名の猫」の主人公、ボブが死んだというニュースにショックが走りましたね。

筆者も「ボブという名の猫」の映画を見て、ボブと飼い主のジェームスさんが実在していると知ったていたからです。

なぜ?

死因は?

14歳のボブは人間に置き換えれば72歳なので、老衰の見方が大半でした。

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク



「ボブという名の猫」の死因は?衝撃の事実が判明!

衝撃な事実が判明しました。

あの奇跡の猫が死んだ!

それも死因が・・・

「ボブという名の猫」のボブの死因は老衰ではなかった!

ボブの死因は事故死だった

ボブと名付けられたストリートキャットは車にぶつかった後に亡くなりました。

2020年6月19日23:04(Mail Online News)

当初はまだボブが亡くなったというニュースのみで、死因は出ていませんでした。

ボブが14歳という事で、人間に換算すると72歳の老人という事もあり、老衰ではないかとの憶測が大半でした。

ですが、イギリスのニュースで報じられました。

ボブは車に轢かれて死んでいたのです。

頭部への衝撃によって血種を引き起こし、即死だったという事です。

この記事を見た筆者も瞬間、体が凍る思いがしました。

「ボブという名の猫」のボブの失踪から死に至るまでの経緯

6月13日(土曜日)

ジェームズが6月13日の夜、サリーの家のキッチンでいつものように夕食を食べていた時がボブを見た最後でした。

寝る時間になってもボブがいないので、心配になって婚約者のモニカと一緒に探しました。

でも見つからなかった。

6月14日(日曜日)

よく日曜になってもジェームズとモニカはボブを探しました。

隣の住人や動物の慈善団体、避難所などに電話しました。

ボブにはマイクロチップが装着されている猫がいないか確認しました。

6月15日(月曜日)

ボブはまだ帰ってきませんでした。

午後5時に突然吐き気がしたとジェームズさんは言います。

その後1時間も絶たないうちに獣医から電話があったそうです。

虫の知らせというものでしょう。

とっさに「言わないで!」と言ったジェームズさん。

獣医は「彼は事故に遭って、亡くなりました。」

ジェームズさんは「ドライバーは止まりましたか?

ドライバーはボブを轢いた事を分かっていましたか?

通行人が彼に会う前にボブはどれくらいそこに横たわっていましたか?」

そう話したそうです。

ボブは轢いたドライバーが獣医に連れてきたのではなく、一般の人だった事から、ジェームズさんはひき逃げを思ったかもしれません。

ボブを失ったジェームズさんの現在

41歳のジェームズさん悲しみのあまりほとんど話せなかったそうです。

ジェームズは恋人のモニカと数か月後に結婚をする事を計画していましたが、ボブの死により延期しました。

「彼が戻ってこないので、私はそれを受け入れることができません」

そう言っていたジェームズさんでした。

ある時、「ボブが亡くなってから、尻尾の毛が足に当たったことを感じ、階段を上がると生姜の閃光が鳴った」

ボブの魂が今もジェームズさんとともにあることを確信したといいます。

ボブの遺灰は「眠っている猫」の壺に入れられボブの好きだった場所に置かれるそうです。

もう涙が止まりません。

ボブを失ったジェームズさんの今後の活動

ボブが亡くなった時に収録した4曲を自分のバンドのジェームズボーウェンとワイルドアンドストレイで発表するでしょう。

またホームレスと猫の猫の慈善団体のために募金活動を続け、ボブの名のもとにホームレスのための信託基金を設立することを計画しています。

ボブのための追悼式を行う予定です。

またファンはジェームズとボブが初めて名声を見つけたコベントガーデンで像の請願を始めたそうです。

ボブとジェームズの物語は続いていくという事なんですね。

「ボブという名の猫」の死因は?衝撃の事実が判明!にツイート

スポンサードリンク



「ボブという名の猫」の死因まとめ

いかがでしたでしょうか?

ボブという名の奇跡の猫!

筆者はパソコンの壁紙にもしてるくらいのファンなんですが、ショックが消えません。

ボブが生きていた証は、これからもジェームズさんとファンいよって引き継がれていくんだと思いました。

新しい情報が入り次第追記します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



2 件のコメント

  • ここまで有名になった猫を今だに自由に外に出していたのはちょっと無防備過ぎるように思える、事故死と言う事だが外で変な輩に虐待を受ける可能性もあったかもしれない、世の中には猫嫌いな人間もいる事を考慮して犬のように外に出るときは飼い主も付き添うとかもう少し配慮が必要だったように感じる、たしかに外を知っている猫は外に出たがるし自由にさせてあげたい気持ちもわかる、でもボブに関してはあまりにも有名だし人慣れをしている猫であることを考えるべきだったと思う

    • コメントありがとうございます。
      そうですよね、ボブは他の猫とは違うとは言え、やっぱり猫なんですよね。本能で生きている訳で、よからぬ事考える輩や不慮の事故があるわけで、もっともっと真剣に考えるべきだったかもしれませんね。
      だから、ジェームズさんの後悔と悲しみはどれ程なんだろうって・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です