藤井総太二冠の4一銀とは?人間では打てないと話題に!

第34期竜王戦2組準決勝で起きた事件です。

「藤井聡太二冠」対「松尾歩八段」の対局が有りました。

終盤戦で藤井総太二冠の放った「4一銀」が話題になっていました。

いったい「4一銀」の何がすごいのでしょうか?

常人では打てない手とまで言われている「4一銀」です。

とても気になったので、調査しました。

スポンサードリンク



藤井総太二冠の4一銀とは?人間では打てないと話題に!

 

 

終盤戦に1時間考えて「4一銀」を打ったんですね。

これってどれほどすごい手なんでしょうか?

藤井総太二冠の4一銀とは?どれほどすごい?

YouTubeで詳しく解説した動画が有りましたのでご紹介します。

 

なんだか良く分かりません。

「4一銀」ってただで捨てちゃう駒だったんですね、素人なら。

「あっ間違えた」的な。

藤井総太二冠の4一銀は、違ったんでしょうね。

広瀬八段「参りました。ここに至る思考が常人ではありません」

 

藤井総太二冠は勝ったの?

 

75手で藤井王位棋聖の勝ち。

 

藤井総太二冠の4一銀とは?人間では打てないと話題に!のツイート

 

 

藤井総太二冠の4一銀とは?人間では打てないと話題に!のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

天才のやることは時として常人には計り知れない事をやるって事だけは分かりました。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です