ミステリというなかれが気持ち悪い?説教臭いが癖になる?どういう事か調査!

ミステリというなかれが気持ち悪い?説教臭いが癖になる?どういう事か調査!を説明した画像

「ミステリという勿れ」月9のテレビドラマですが、話題ですね。

菅田将暉扮する久能整という学生が、「相棒」

の杉下右京並みの推理で事件を解決していくんですね。

ただ、説教臭い!そう感じる視聴者も多いみたいですね。

この記事は、「ミステリという勿れ」が説教臭いと言われるのはなぜか検証してみました。

スポンサードリンク



ミステリというなかれが気持ち悪い?

久能整が、天才的な推理力でもって難事件をバッサバッサと解決していくところは和製シャーロックホームズですね。

しかも犯人だけでなく関係者の心の悩みまで解決していくんですね~

この時の「僕は常々思うんですが・・・」と訥々と語る語り口で喋り方が説教臭いし気持ち悪いと言われているようです。

否定的な口コミを拾ってみた

口コミの中に気持ち悪い説教臭いという否定的なものから、感動的とか癖になるなどの肯定的な口コミがあるようです。

「ミステリという勿れ」は放送直後から賛否両論で好き嫌いが分かれるドラマでしたが、終盤にきてさらに話題を振りまいているようです。

フェミ臭が気持ち悪いという口コミ

ねこちゃん
ねこちゃん
フェミ臭が漂ってて気持ち悪いという人がいるんだね。

フェミニズムとかっていう思想を考え始めちゃうと、このドラマは面白くなくなるかもしれませんね。

刑事の池本優人の家庭の悩みに対して、主婦(女性)の目線で語っている部分に見る人からしてみれば女性蔑視みたいに見えるのかも知れませんね。

難しいなって思いました。

筆者は、成る程そういう事かって思って「やるな久能整くん」って見てました(笑)

説教臭いという口コミ

ねこちゃん
ねこちゃん
「相棒」の杉下右京と被るんだよね~
ただ、杉下右京は警部で久能整は学生だからね。
学生が説教臭く語るのってどうなんだろ?
そんなとこが嫌ってなってるのかな~

久能整の喋り方、最初は確かに何か説教じみて変だろ!とは思いました。

でも話が終盤に近づいて、解離性同一性障害のライカさんが出てきて、統合されて消えるというストーリを見終えた後で考えると、久能整も現実に有るアスペルガー症候群を患っているキャラクターだと納得いきました。

そう考えると不自然ではなくなって、ドラマが楽しめるようになりました。

気持ち悪いが癖になる?

久能整の喋り方、つまりは俳優の菅田将暉さんの語り口が説教臭いけど癖になるという事ですよね。

それにしても、「ミステリという勿れ」はいろいろな切り口で見れて楽しいですね。

気持ち悪い原因が何なのか?口コミで確認しました。

でも、それがかえって癖になっていると思います。

その辺のところを検証しました。

喋り方がそのものが癖になる

BGMについては初回から賛否両論大激論が交わされていましたね。

「ミステリという勿れ」がつまらないのはBGMのせいかも?という分析をしている記事が面白いです。

久能整の癖の気持ち悪さが癖になる

ねこちゃん
ねこちゃん
人のまねをするとか絶対やんないよね。
ツイッターの話題に空リプするとか変だよね😓

普通の感覚の人では無いんですね、久能整というキャラクターが。

癖が強すぎるんですよね!

それだけだったら変人って言われて嫌われるだけなんでしょうが、久能整は違うんですね~

天才的な推理力を持ってるからこそ視聴者も癖になるんですね。

ミステリという勿れは主人公以外も説教臭い?

「ミステリという勿れ」は人間の心の謎に焦点が当てられている?

ライカの退場と風呂光が気持ち悪い?

10話でライカが消えるというショッキングな話でしたが、この内容は解離性同一障害の話でした。

基本人格が自殺するのを守るために生まれたライカが、目的を果たしたので消えてしまうんですね。

結局、ライカという人格を死なせてしまう設定が気持ち悪いという声がありましたね。

なかなか難しいテーマのような気がしますね。

解離性同一性障害

ライカは基本人格千夜子を守る別人格の一人って言う設定で、とはいえ折角、久能整と良い感じになってきたのに、消えてしまう?

久能整とライカの恋の予感をバッサリと切られた上に、風呂光が久能整に好意を寄せていると思わせる場面が、説教臭いのと同じように無理やり匂わせるやり方が気持ち悪いんでしょうね。

説教臭いのが癖になり、最後は感動を呼ぶ可能性大!

主人公も親のネグレクトが原因で発達障害を持つ人物ですね。

ですが、他人とは違って天才的な才能をもって事件を解決に導きます。

千夜子別人格のライカも暗号に関して人の能力を超えてる。

これってアスペルガー症候群の人に多いんですってね、アインシュタインとか。

そうそう、あの米津玄師アスペルガー症候群らしいですよ。

米津玄師はアスペルガー症候群?という記事がよく検索されています。

話を戻しますが、「ミステリという勿れは」の主人公やその他の登場人物も何かしらの天才的な才能を持っています。

今回は恋が芽生える予感のライカの退場が、視聴者に感動と嫌悪感を与えました。

今後、風呂光聖子(ふろみつせいこ)が恋心を抱いてる場面が描かれていることがどういった展開に持っていくのか?

「ミステリという勿れ」は最初から賛否両論を巻き起こしてきました。

BGMに対して、久能整の喋り、説教臭さ、そしてライカの退場と風呂光との関係。

これから怒涛のクライマックスに入っていくと思いますが、どのようにまとめていくのか?

久能整と風呂光の誰もが上手くいくはずないと思う恋の行方、これをどう持っていくのか?

感動を持ってくるのか、それとも別の角度からまとめるのか?

どちらにしても今後が楽しみですね。

久能整がマガデミー賞の主演男優賞受賞!

https://twitter.com/not_mystery_/status/1503975953030021122?s=20&t=RI6rg6K5VwNsbhAfKg2nbQ

ねこちゃん
ねこちゃん
マガデミー賞って、マンガのキャラクターをたたえる賞なんですって。

やっぱ評価されましたね~

いろんな味方のできるドラマであり、久能整は視聴者に中毒症状を引き起こしていましたね。

スポンサードリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ミステリという勿れ」は説教臭くて気持ち悪いのか、それとも癖になるくらい面白いのか?検証してみました。

検証してみた結果、ドラマの内容がとても難しいテーマ(精神疾患・フェミニズム・恋愛・推理)が複雑に絡んでることが分かりました。

久能整の喋り方、説教臭さ、ライカの天才的な暗号解読と普通の人ではないキャラクターと普通の人である風呂光聖子との恋の描き方が気持ち悪いと思う反面、気になって仕方ないという事が分かりました。

言えることは、視聴者も癖(中毒)になっているという事です。

今後最終回に向かって感動を呼ぶ可能性が非常に高いんではないかと期待します。

情報が入り次第追記します。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。