田中将大、日本球界復帰後の初登板!楽天との年棒はいくら?大リーグとの差は?

ヤンキースからFAとなって、楽天と契約した田中将大投手投手(32)が、日本球界復帰後初の登板となります。

とても注目を浴びていますが、楽天はいったいいくら田中将大投手に支払ったのでしょうか?

大リーグ時代と比べてどのくらいの差があるんでしょうか?

気になったので調べてみました。

田中将大、日本球界復帰後の初登板!楽天との年棒はいくら?大リーグとの差は?

おっと打たれてますね、田中将大さん!

結果はまさかの2被弾5回3失点で降板。

久しぶりで緊張したのかも。

楽天は田中将大投手にいくら支払ったのか?

年棒9億円です。

さらに出来高制で加算されるとの事です。

契約期間は2年間。

因みに巨人の菅野智之投手は年棒8億円で、日本球界市場最高になっているとヤフーが報じています。

ヤンキース時代との年棒の差はいくら?

ヤンキース時代は年棒24億6400万円!だったとヤフーが報じています。

田中将大、大リーグとの差は?

金額的には楽天での年棒が大リーグの時より半分以下になりますね。

ですが去年は新型コロナの影響で37%減の9億1200万だったということです。

でも、言っても日本球界最高金額ですけどね。

田中将大、日本球界復帰後の初登板!楽天との年棒はいくら?大リーグとの差は?のまとめ

いかがでしたでしょうか?

田中将大さんの年棒は9億円との事で、大リーグの半分以下になっています。

でも、日本のプロ野球選手の中では一番貰う事になるんですね。

そう考えると、いかに大リーグが規模が大きいか分かります。

ご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です