クロサギのドラマがひどいと噂!ホントかどうか検証してみた!

クロサギのドラマがひどいと噂!ホントかどうか検証してみた!を説明した画像

「クロサギ」のドラマがひどいとか失敗だという意見がありますが、本当にひどいのでしょうか?

2006年に演じた山Pも、今秋新しく主演する平野紫耀さんも非常に人気なため、ひどいと言われる理由が気になりますよね。

この記事では、「クロサギ」のドラマがひどいと噂される理由について調査しました。

クロサギのドラマがひどいのはホント?

「クロサギ」のドラマがひどいという噂、どういう事でしょうか?

クロサギドラマがひどいと話題!を説明した画像
迷ってるさん
迷ってるさん
クロサギってひどいの?

クロサギは高視聴率の人気ドラマだった

結論から言わせてもらうと、クロサギのドラマがひどいというのは一概に言えないです。

なぜなら、視聴率としてある程度のヒットをしているからです。

2006年に山Pが主演した際、平均視聴率15.7%、最高視聴率は18.8%と決して低くない数字でした。

現代の高視聴率は平均15%以上からとなっており、クロサギは高視聴率ドラマと言えますね。

クロサギはひどいという噂も

しかしクロサギドラマがひどいという声も聞きます。

実際のドラマの評価はどうなんでしょうか?

徹底的に調べてみました。

山P主演のクロサギに対する評価は?

山P主演のクロサギの評価はどうなのでしょうか?

山P主演のクロサギがひどいという理由は?

クロサギの評価が本当にひどいのか検証してみた結果、次のような理由がありました。

理由①リアリティがない

1話で話が完結する形式でドラマが進むということもあり、展開が1パターンで少し無理があるとの声がありました。

加えてそもそも原作が漫画の為、多少現実味がないのは仕方のないことかもしれませんね。

理由②最終回の不完全燃焼

2006年放送された時、原作が未完だったためドラマの最終回がすっきりしない終わり方になっていたとの意見がありました。

このように、クロサギのドラマがひどいと噂になっているのには理由がありました。

高評価の声も

しかし一方で、主演の山Pがクールな雰囲気で役に合っていたという声や、山Pが詐欺師を騙していく過程がおもしろいと高評価の口コミも多くありました。

また、このドラマ以降、クロサギの映画化もされているので、ひどいという声があってもヒットしたことは事実なのではないでしょうか。

そんなクロサギですが、今秋10月、平野紫耀さんを主演に迎えて帰ってきます。

これについて原作者の方のコメントはどうでしょうか?

クロサギ原作者のコメント

クロサギが再映像化されるにあたり、以下のようにコメントを残しています。

新でも続でもなく、いわば「もうひとつのクロサギ」。

2022年8月19日Yahooニュース引用

もうひとつのクロサギというのは、2006年当時は原作が未完でしたが2013年に完結しており、当時は不完全燃焼で終わってしまった最終回を新しく映像化できるという意味でもうもうひとつのクロサギということではないでしょうか?

また、今回主演の平野紫耀さんは山Pとは雰囲気も違うので、黒崎をどのように演じてくれるのか期待できますね。

みんなの声

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クロサギのドラマがひどいという意見として、リアリティがなく、最終回がモヤっとする終わり方だったからという声がありましたが、実際には山Pの役がはまっていて展開も面白いという声も多数ありました。

加えて今秋放送されるクロサギでは、原作が完結しているためそれを踏まえて新しい展開が期待できるのではないでしょうか。

また、山Pとは全く違ったタイプの平野紫耀さんが、どのようにキャラクターを演じてくれるのか、非常に楽しみですね。

まだ山Pのクロサギを見たことがない人は今秋ドラマの予習として、今からでも視聴しておくと違いが分かって尚楽しめるかもしれませんね!

随時新しい情報が入り次第追記します。

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。