妊活と転職を同時に進めることは可能?タイミングや注意点をご紹介!

妊活と転職を同時に進めることは可能?タイミングや注意点をご紹介!を説明した画像

「妊活」と「転職」というと、女性にとっては大きなライフイベントですよね。

その二つを同時に進めることは、決して簡単なことではありません。

両方のプロセスには、それぞれ多くの注意点やタイミングが必要なのです。

今回は、そんな「妊活」と「転職」を同時に進めるためのアドバイスをご紹介。

是非、最後までご覧ください。

\売れてる【妊活サプリ】サイトを見てみる/

↑↑初回定期なら半額でお得↑↑

妊活と転職を同時に進めることは可能?

結婚して子どもを望む女性にとって、仕事をどうするかは重大な問題です。

今の職場は、妊活や子育てをしやすい環境ですか?

もし、それが難しそうであれば転職も視野に入れた方がいいかもしれません。

妊活で人気のサプリの口コミの記事が良く読まれています。

妊活と転職を同時に進めることは可能?を説明した画像

妊活中の転職を考えてしまう訳は

今の仕事が忙しくて、帰る時間も遅くなることが多かったりしませんか?

通勤時間が長かったり、予定通り仕事が進められない環境だったり。

独身のときには、さほど気にもならなかった小さなことでさえ、妊活を意識し始めた女性にとっては苦労やストレスになってくるのです。

迷ってるさん
迷ってるさん
新人の頃は既婚者の苦労に気づかなかったわね

妊活や子育て中に急な休みを取りたいとき、どうすればいいのでしょう。

今の職場の理解度や人員の余裕などを考えると、転職も選択肢に入ってくるのです。

妊活中の転職は可能なのか

妊活中の転職はうまくいく人もいれば、そうでない人もいます。

妊活中の女性は、転職を希望する企業や転職エージェント、あるいは派遣会社などに「妊活中」であることを正直に説明しておく必要があります。

企業にとって、採用する人材は「企業にとって有益」でなければなりません。

即戦力としてすぐに活躍してくれる人材だと見込んで採用するのですから。

迷ってるさん
迷ってるさん
理解のある企業だといいけれど

もし妊活や妊娠のことを伏せて転職を成功させても、後々トラブルになったりすると、かえってあなたが居づらくなるかもしれません。

正直に話した方が、採用前に企業側の環境や理解度を知ることができて、あなたにとってもメリットになるでしょう。

妊活中の転職ベストタイミングはいつか

転職のタイミングも、考えれば考えるほど悩ましいところです。

これも人によって違ってきます。

経済的に余裕のある家庭であれば、特にタイミングを選ばなくても済むのでしょう。

でも、多くの人はそうではありません。

育休制度や子育て支援制度などを転職先企業と比較してみてください。

迷ってるさん
迷ってるさん
行動する前にしっかり調べておかないと

入社後1年以上でないと育休取得出来ない場合があります。

焦って行動して、制度の恩恵から漏れることがないよう気をつけましょう。

ただ結局、今の企業に残った方がまだ良いという可能性もあります。

今の職場の人員配置や制度がだんだん見直され、気がつけば改善されて居やすい環境になっていた、なんてこともあるのです。

妊活と転職どちらを優先するのか

妊活と転職、どちらも希望通り進めることは難しいことです。

まずは、自分の中の優先順位と根拠をはっきりさせておきましょう。

そうでないと、日々のちょっとした出来事や、周囲の言動に振り回されるばかりで、あなたの心だけが疲弊していきます。

迷ってるさん
迷ってるさん
私は結局どうしたいの?どうしたらいいの?

悩んでいても、なかなか行動に移せない女性は「自分ではなく周りの人」を優先順位のトップに置いているのではないでしょうか。

きっと、職場の理解や他の社員の忙しさを想像し「もしかして自分勝手なのでは?」と悩むのでしょう。

そうであれば、あなたの周りに相談できる人はいますか?

社内に信頼できる人がいなくても、友人やSNS、妊活や転職の相談窓口などもあります。

きっと、励ましやヒントになると思うので、ひとりで悩まないでください。

妊活と転職を同時に行う際の注意点

では、妊活と転職を進めるには、どういった注意点があるのでしょうか。

あなたの就業状況を踏まえて、転職を検討してみてください。

面接では妊活中だと伝えたほうがいい

前述しましたが、転職の場合、企業側は即戦力を求めています。

採用後すぐに働いてくれることを望んでいるでしょう。

義務ではありませんが、ひと言伝えておく方が無難です。

迷ってるさん
迷ってるさん
うまく伝えられるかしら

企業側も応募してきたのが女性で、しかも既婚者であれば「妊活や妊娠の可能性を全く想定していない」ということは無いでしょう。

あくまでも、仕事と子育てが両立できそうな理想的な職場であり、この先長く働けそうであることをアピールするのです。

育休の制度や取得実績はどうか

入社して1年以上経たないと育休制度を使えない場合があります。

産休から育休に入るタイミングでもまだ1年に達してなければ空白期間が出来ます。

育休取得の権利が発生する日まで、苦肉の策ですが有給を使うのも手です。

あと、夫側の企業で育休が使えるのであれば、早めに根回しをお願いしておきましょう。

迷ってるさん
迷ってるさん
正社員じゃない場合は確認した方がいいのね

また、転職先の育休取得実績や支援制度が充実しているか確認しましょう。

そもそも育休取得実績の前例もないどころか、女性の採用自体が少ない企業もあります。

本当に制度が利用できるのか、転職前に確認するようにしてください。

雇用形態を変えてみる

一度正社員を辞めてしまうと、なかなか条件のいい転職ができない可能性があります。

仕事内容や待遇面などの条件を考えると、転職先でも正社員で働くことが理想です。

でも、休みの取りやすさを優先するなら、他の働き方を選ぶ道もあります。

妊活や育児に時間を使いたいのであれば考えてみてください。

  • 契約社員・臨時職員
  • パート・アルバイト
  • 派遣社員
  • フリーランス

ところで、あなたは何か特別なスキルを持っていますか?

誰かが「育休中にリスキリングを」とか提案していたのを思い出しました。

でも、大変なときに大変なことをするのは無理なのです。

迷ってるさん
迷ってるさん
一人の女性が何役背負わないといけないの?

ただ、転職しようとしたとき、誰もが気づくと思うのですが。

自分は何か特別なスキルを持っているのか、という事を。

転職に求められるのは明確な「スキル」です。

まだ妊活も転職活動も本格始動していないのであれば、今のうちに何かを学んでおくこともお勧めします。

迷ってるさん
迷ってるさん
社会に取り残されるのも不安

私自身も、以前退職する直前に会社のスキルアップ助成金や国の教育訓練給付金をフル活用させていただきました。

そのおかげで資格を取って次の仕事に活かしたりしました。

でも、これはひとつのヒントなので、決して無理だけはしないでくださいね。

妊活中でも働きやすい仕事内容を選ぶ

妊活中は疲れたりストレスを溜めないのが一番です。

分かってはいても、働いているとそうもいかないですよね。

キャリアから少し外れるかもしれませんが、妊活を重視するのであれば、仕事内容も負担の少ないものに変えてはどうでしょうか。

迷ってるさん
迷ってるさん
何も失わないのは無理なのね

PCオペレータや受付など、体力を使わずに済みます。

コールセンターなども、お休みが取りやすいイメージはあります。

ただ、覚えることが沢山あり、なんといってもクレーム対応は身体によくありません

忙しさがストレスになるのか、それともキャリアを失う方がストレスになるのか。

よく考えて、あなたにゆとりができる方法を選択してください。

転職先は多様性や理解はあるの?

もし面接で聞けるのであれば、育休取得実績や離職率について確認しましょう。

最近、社会も少しずつ意識は変わってきていると感じています。

自分が不安に思っていることは、思い切って聞いてみてください。

それで企業側が懸念を示すのであれば、転職先を変更した方がいいかもしれません。

迷ってるさん
迷ってるさん
なんか引け目や負い目を感じてしまうのよね

国の法律や企業の制度は少しずつではありますが、改善してきてはいます。

でも、一番気を遣うのは会社の同僚なんですよね。

会社が「いいよ、気にしなくて。妊活も、育休も。」と言っても違うんですよね。

どの職場でも人員ぎりぎりの状態で、誰もが頑張り過ぎているのが現状。

ひとりでも欠けたら途端に困ることになり、残された人が疲弊することに。

迷ってるさん
迷ってるさん
周囲に迷惑をかけたらどうしよう

結局、あなたの穴埋めをする同僚が迷惑を被り、不満を持つのでは?

それを心配しているんですよね?

残念ながら、これが今現在の日本の現実なのです。

でも別に、あなたが悪い訳でも同僚が悪い訳でもありません。

その企業であなたが今までどれだけ頑張ってきたのか分かってくれている人達は、きっとあなたの苦労も理解して助けてくれるはずです。

逆に、妊活や妊娠に関係なく、元々仕事に対していい加減な向き合い方しかしてこなかった人には、厳しい現実が待っているかもしれません。

人には言えないけれど、誰もがそれぞれ事情をかかえていたりします。

妊活、育児、介護、障害、経済的困窮など。

誰もが、自分のことを理解してもらいたい、助けて欲しいと思っていたりします。

迷ってるさん
迷ってるさん
生きづらさがあるけど皆負けないでね

他人は自分に都合よく、そうそう変わったりしません。

仕事や同僚に対して真摯に向き合ったり優しくしていれば、きっとあなたに手を差し伸べてくれる人もいるはず。

なので、もっと政治や世の中が変わるまで希望を捨てないでください。

迷ってるさん
迷ってるさん
留まるべきか転職するべきか、、、

妊活や転職活動でストレスがたまったら

まだ、妊活を知らない職場の同僚はあなたを飲み会に誘ってくれたりします。

そんなリラックスした場所なら少しはストレス発散になるでしょうか。

そして、さりげなく誰かに悩みも相談してみてはいかがでしょうか?

でも、お酒は控えるようにしてくださいね。

妊活中のお酒を断る方法について詳しく書いた記事が良く読まれています。

\売れてる【妊活サプリ】サイトを見てみる/

↑↑初回定期なら半額でお得↑↑

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いかに妊活と転職の同時進行が難しいものか痛感しました。

でも、味方になってくれる人が周りにどれだけいるのかが大事なんですね。

法律や制度を整えれば万事うまくいく、なんて簡単なことではないのです。

どうか、女性の生きづらさが少しでも解消する世の中が早くくるのを願っています。

今回もご覧いただきありがとうございました。

\売れてる【妊活サプリ】サイトを見てみる/

↑↑初回定期なら半額でお得↑↑

アドセンスMultiplex広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。