台湾脱線事故に遭った日本人の生々しい証言入手!

台湾東部の花蓮県で2日に起きた列車脱線事故で、助かった日本人が2人いることが報じられました。

台湾脱線事故に遭った日本人2人の日本人の証言が衝撃的でした。

生々しい証言に驚愕の事実がありました。

いったい何が起きたのでしょうか?

調査しました。

台湾脱線事故に遭った日本人の生々しい証言入手!

車に乗り合わせ、肋骨(ろっこつ)や足の指にけがをした関西出身の50代の日本人男性の証言です。

男性は先頭から4両目(5号車)、長女は3両目(6号車)に座ったといいます。

男性は2日、台湾出身の妻の先祖の墓参りのために、大学生の長女と「タロコ号」(8両編成)に乗った。

連休で並びの席が買えず、男性は先頭から4両目(5号車)、長女は3両目(6号車)に座った。

男性は寝ていたようです。

突然がくんという大きな衝撃で目覚めたといいます。

ガンガンと階段を落ちるような衝撃だった。

もし死ぬなら痛みを感じないようにして欲しいと願った。

死を覚悟したといいます。

この後、長女と合流出来てトンネルの外へ向かったようです。

途中トイレで亡くなってる女性を目撃されたという事で、とても想像できない光景だったのだと思います。

男性が興味深いこと言っています。

普通はあり得ない経験だった。

今回の事故はトラックの転落が原因だが、列車でもシートベルトがあれば、多くの犠牲は防げたのではないか

列車でシートベルトという発想は無かったですが。

成程、車ならシートベルトをしてない人の致死率はしてない人の倍にもなるそうなの効果はありそうですね。

その場合は吊革につかまってる人は如何なのかという問題もありますが、事故が多発したらあるかもしれませんね。

台湾脱線事故に遭った日本人の生々しい証言入手!のツイート

現在調査中です。

台湾脱線事故に遭った日本人の生々しい証言入手!のまとめ

いかがでしたでしょうか?

随時情報が入り次第追記します。

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です