ブルーインパルス東京五輪をアクロバット飛行は失敗?!五輪マークはどうだったのか?

ブルーインパルスが東京五輪のアクロバット飛行が行われました。

予行演習では白いスモークでしたが、本番はカラースモークでした!

1964年の東京オリンピックでもブルーインパルスが飛んだんだとか!

23日の代々木国立競技場の上空には厚い雲が・・・

成功したんでしょうか?

気になったので調べてみました。

ブルーインパルス東京五輪をアクロバット飛行!

今一つ盛り上がりの欠ける東京オリンピックって思っていたけど、ソフトボールが初戦コール勝ちしたり、ブルーインパルスが上空を飛んで五輪マークを描いてて、どんどん盛り上がってきたように思います。

ブルーインパルスの五輪マーク!

代々木国立競技場の上空に五輪のマークを描き切りました!

ブルーインパルスの皆さん、ありがとう!!

12時40分にテイクオフ!

カラースモークって?

カラースモークは(青・黄色・黒・緑・赤)と五輪マークから―と一緒の色を出すことが出来るんですね。

カラースモークの原理は、色を付けた油をジェットエンジンの熱で気化させて色のついた煙にするという事です。

因みにカラースモークの1機当たりの金額が、通常の白いスモークが2万円。

オリンピックのカラースモークは150万位するそうです、驚きの金額です。

ブルーインパルスのアクロバット飛行は失敗だった?

雲が多すぎたことで五輪のマークが見えずらかったという事ですね。

カラースモークはキレイで、多くの歓声が上がりましたが多くの場所からは五輪マークがはっきりとは見えなかったようです。

場所によってはきれいに見えているところもあったので、まるっきり失敗とは言えないようです。

1964年の東京オリンピックはどうだったのか?

1964年当時は五輪マークを描くというのは難しいことだったといいます。

しかも前日の予行練習は雨のために、1回も成功しなかったといいます。

しかも二日酔いで本番に成功は今ではアウトですね(汗)

しかし当日は快晴で五輪マークも成功したんですね~

その画像がこちら。

五輪マークは成功だったのか?ツイートを集めてみた

https://twitter.com/syunka2019vol2/status/1417702357706502147?s=20

まとめ

いかがでしたでしょうか?

明日いつ飛ぶのか直前まで分からないという事ですね。

つまりサプライズ感を最大限に引き出すという事ですね。

さていったいどんなアクロバットをやってくれるのか楽しみですね。

随時情報が入り次第追記します。

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です