大谷翔平に不可解5回のボーク判定!?審判はどんな人なのか調べてみた

大谷翔平投手が5回の度重なるボーク判定を受けてしまった。

大谷翔平投手は対ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で出場しました。

このボーク判定については大谷翔平投手も納得がいかないようでした。

解説者も首をかしげる判定を下した審判はどういう人なのでしょうか?

気になったので調べてみました。

大谷翔平に不可解5回のボーク判定!?

解説者までがおかしいといってるんだから、誤審なんだと思うけど、1回や2回どころじゃなくて5回ってのはちょっとおかしいですよね。

この審判大丈夫かなぁっておもいました。

ボーク判定を出した、審判はどんな人なのか調べてみた

名前が判明しました。

ボーク判定を出したのは「メンゼル」塁審です。

名門のホプキンス大卒で数学教育の修士号を持つ秀才という事です。

とても厳格な方だそうです。

パドレスのダルビッシュ有選手の見解

「2個目のは静止時間が短かったと思いますが、取られない時もあるので1個目のボークの後の大谷選手のリアクションにイライラしていたのかもしれません」

ヤフーニュース「6/13(日) 9:40デイリースポーツ」より抜粋

大谷選手が最初のボークの時に、マウンド上から両手を広げて「なぜ?」ってやったことが球審の心象を悪くさせた可能性があるといっています。

筆者は素人なので分かりませんが、心象が悪いとそんな判定をしてしまうっていいのかなぁって思ってしまいます。

大谷翔平選手のボークに対する不服アピールはどんなものだった?

下のツイートを見てくださいね。

ダルビッシュ選手が指摘した、このポーズが球審の心象を害したアピールですね。

大谷翔平に不可解5回のボーク判定!?審判はどんな人なのか調べてみのツイート

大谷翔平に不可解5回のボーク判定!?審判はどんな人なのか調べてみたのまとめ

いかがでしたでしょうか?

最初のイニングで大谷翔平投手がボークを宣告した審判に不服の表情をしたことで、見せしめ的に5回もボーク判定を出したのではないかと思います。

ダルビッシュ選手もやっぱり球審の心象を害してしまった可能性があるといってます。

1日明けた米メディアは「審判のストライク、ボールの判定は絶対。露骨な態度を取りすぎると敵に回します。」

これが真実なんじゃないかと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です