24時間テレビで障害者を殴る映像が拡散?障害者差別があったのか調査

過去の24時間テレビで障害者を殴るというシーンが、放送されていたようです。

24時間テレビは40年以上続く、チャリティー番組として人気を誇っていますが、近年偽善じゃないのかという声が上がっていました。

大物タレントも出演を辞退しています。

今回は障害者を出演させておいて、殴った出来事を検証してみたいと思います。

スポンサードリンク



24時間テレビは番組内で障害者を殴ったのか?

これが問題の動画ですね。

障害者は両足マヒの菊池奏仁くん

2016年8月27日の放送という事ですので、5年前の出来事ですね。

この傍らにいて、少年を殴った?ように見える人は誰なんでしょうか?

この後すぐに映像はスタ時をに切り替わっています。

タイミングもあせってきりかえた?ように見えます。

どんな障害者が出演したのか?

出演したのは大事故で下半身不随になってしまった12歳の少年が、賢明なリハビリを続けて歩けるようになったことで、番組で富士山登山に挑戦するという企画でした。

途中、少年が倒れこんだ時に、わきで抱えていたのが父親でした。

この時、天候は悪天候で雨も降っていたが、一緒に登っていた両親だけが涙を流して感動している中、スタジオの質問に答えた少年に笑顔はなく、「寒いです」と答えただけでした。

障害者が殴られたという噂の経緯は?

少年が体力を使い果たして倒れこんだ時に、抱えた人物が少年の頭を殴ったように見えたという事です。

番組が切り替わったタイミングも、見る側にとっては焦って切り替えたようなタイミングに感じたという事ですね。

さらに、登頂した後の少年の感想が全く感動しておらず、嫌なことがあったんじゃないかと連想させてしまった。

障害者が嫌がるのを見て炎上?

動画では障害者が嫌がっているように見えたことが、炎上につながったものとみられます。

殴ったというのは見る側の誤解だった!

実際に動画を見ると、スタッフではなく父親が抱きかかえていますね。

自分の息子ですから、少し乱暴な感じに見えても不思議ではないですよね。

殴ったという風に感じてみていたのは、スタッフがそうしたと勘違いしたのではないでしょうか。

父親も、実際には殴っておらず拍子で帽子を飛ばしてしまっただけのようですから。

その証拠に、流れの中で励ましているのが分かります。

少年が登頂を成功させた感想を聞かれて「寒いです」と無感動に答えたことも、この障害者は殴られてイジメられたんだと、見る側に感じさせてしまったんですね。

批判の原因はチャリティー番組ではないから?

この障害者を殴るという噂や、批判が出たのは今回が初めてではなく、富士登山に東日本大震災の被災した子供を登山させる時も非難がありました。

子どもたちは無事登り切ったが、「悪天候なのに引き返させなかった」、「マイナーでハードなコースを選んだ」などといった批判でした。

番組の製作スタッフは感動を取りたいんだと思います。

それが視聴率に繋がるという事に尽きるんだと思います。

24時間テレビは番組の企画でチャリティーをやってるんですね。

企画の1つでやっているという事になります。

その証拠に出演者には高額なギャラが支払われていますから。

※海外のチャリティー番組は出演者はすべては無償だそうです。

スタッフさんには負担軽減費(交通費や食事代)くらいは出るそうですが。

24時間テレビの出演者のギャラについて調べた記事があります。

24時間テレビが嫌いになる理由です。

日テレの24時間テレビの場合、集まった募金のみ寄付されて、スポンサーからの莫大な広告料は日テレの収入源やタレントへのギャラになるわけです。

慈善事業としてやっているわけでく企画の1つなんですね。

そこのところを日テレもハッキリと言わないで、チャリティー番組としてしまうから誤解が生じてしまい、批判される理由なんですね。

スポンサードリンク



みんなの声

まとめ

いかがでしたでしょうか?

障害者を殴ったり、差別をしてないという事は分かりました。

ですが、番組の在り方が問われているのは事実だと思います。

どこまで本格的なチャリティー番組に出きるか?

今、問われていると思います。

随時情報が入り次第追記します。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です